会社概要

総司令官あいさつ

中村トランスポート株式会社 代表取締役の中村治久(なかむらはるひさ)です。

 あなたと信頼関係を築きたいのですべてをお話します。

 私は福岡県小郡市の小郡病院でS55/3/15に一般家庭の長男として生まれました。小さなころから好奇心旺盛で、いつも怪我ばかりしていたと母から聞かされました。ある日、父が酔っぱらって母にウイスキーグラスを投げつけ怪我をさせた時のことを今でも覚えています。

 その次の日に母は私たち3人を連れておばあちゃんの家に行き「もう限界」と話しているのを今でも忘れません。母子家庭を理由に「おまえの親父逃げたっちゃろ」・「母ちゃんが男作ったけんやろ」などなど・・のけ者にされ、いじめられ・・毎日学校から帰ると疲れ果てた母から「宿題はちゃんとしよるとね」・「悪いことはしよらんやろね」とガミガミ言われ私は母に「育ててくれと頼んでない」と発言したと同時に、思いっきり泣きながらビンタをされて母に「出ていきなさいと」言われ小学五年生の時に2週間くらい野宿したのを覚えています。その時に泣きじゃくり母に謝り家に入れてくれと頼んでも本当に2週間は入れてもらえませんでした。その2週間は腹が減ってもお金がないので、空腹をこらえるか水を飲むか万引きして食べるかの極貧状態でした。もう二度と経験したくない過去です。

 自分自身に力がないと過ごした中学時代。

 高校生の時には母が再婚し貧乏から救われました。その再婚した父が私を救ってくれました。おかげでわれわれ家族は何不自由なく生活できました。

 そんな父に甘えた生活をしていた私が立ちはだかった壁が、自分で働き生活することでした。引越しのアルバイトをしていた頃に出会った大型トラックの運転手さんに憧れて運送業に興味を持って始めたのが、実はこの仕事についた本当の理由です。

 しかし、実際に運転手の仕事を始めたものの、私は運転手という職業に誇りが持てずにいました。

 なぜなら、乗用車よりもはるかに大きいトラックに商品を積込みして距離は様々ですが、近ければ積みおろしの回数が増え、遠ければ寝らずに走るという仕事は、マスコミなどで言われていた3K(きつい・きたない・きけん)により近い仕事だったからです。

 私はやる気がなかなか出ず、ただ漠然と1日1日を過ごしていたのです。私の仕事ぶりに不満のある先輩とは毎回ケンカをしていました。自分の失敗で叱られているのにいいわけを言って言い逃れをしてしまうこともありました。まさにドライバーの中では劣等従業員だったのです。

 そんな私に衝撃的な出来事がありました。

 それは配達先のフォークリフトに乗っているベテラン責任者からの言葉でした。「仕事ぶりはさておき毎回、兄ちゃんは必ず時間通りに来てくれるから助かるよ前のドライバーはよく遅刻してたから困っとったとよ、ありがとうね」と感謝のお言葉をかけていただいたのです。私はその時、運転手の仕事はきつい仕事だけど世の中の役に立つ誇りのもてる仕事だとその時に感じることができました。

 また、今まで中途半端だった自分が恥ずかしくてたまらず、まともに積込先の担当者さんや荷卸し先の立ち合いの方の顔を見ることが出来ませんでした。それから私は運送の仕事に腹を据えて取り組みました。

 まず、私自身の中で一番変わったのは、仕事ができる先輩の仕事を真剣に見るようになったことです。

 プロとして近づきたい、追い越したいと思うようになっていきました。ですから、国道や県道などの地理の勉強のために、地図を買って地名や行ったことがあるところは印をつけたり、ベテランドライバーに頭を下げて色々と学びました。

 新しい高速道路や有料道路ができると休みの日に身銭を切って乗用車で走ったりもしました。さらに、3年間くらいは時間さえあれば夜からの仕事の時は、日中は先輩の横ノリ(助手)で積込先でのトラックにお手伝いさせてもらいながら勉強をさせていただきました。日中の仕事の時は、配達が終わったあとに夜間便の先輩について行きお手伝いさせてもらいながら荷卸しの要領を学んだりしました。

 その日々の努力が実って尊敬する先輩に「若いうちにとっておいた方がいいよ」と運行管理者の国家資格を進めていただきました。

 その結果、運行管理者の資格を取得することが出来ました。

 その後に一般貨物運送事業の許可に必要な項目であることがわかりました。まさか自分が社長になるなどその時には考えてもいませんでした。しかし、今思うと先輩の薦めがなければ今の自分はなかったと思います。

 今では、軽自動車1台から起業して2年も満たない会社が20名ほどの家族のような仲間と中村トランスポートという会社を通じて頑張っております。

 また、荷物を運ぶということはお客様にとって様々な事情や思いをトラックに乗せ託されている本当に大切な仕事だということを肝に銘じて仕事をしています。

 その甲斐あって、地域密着引越し業者ランキング(九州・沖縄)1位の評価をいただき今では「中村さんにお願いすれば安心だから」とたくさんのご紹介や毎回利用していただけるようになりました。おかげさまで物流の業界新聞や雑誌などにもとりあげていただいております。

 これからも、「従業員(社員・アルバイトすべて)と支えてくれる従業員の家族第一主義」をモットーにひとつひとつの大切なお荷物を思いとともに大切に扱わせていただきます。

 中村トランスポートの対応・作業・運転などがすべての方にとって百点満点ではありません。しかし、お客様のご希望に添えるように一生懸命やらせていただきますので、 ぜひ一度、お困りの時にはすぐにお問い合わせください。

 

代表取締役 中村 治久

会社概要

商号 中村トランスポート株式会社
屋号 中村引越センター
代表取締役 代表取締役 中村 治久
所在地 本社
〒811-2416 福岡県福岡市糟屋郡篠栗町田中221-24

長崎営業所
〒856-0046 長崎県大村市木場2丁目511-5

TEL:092-692-5944

FAX:092-692-5981

フリーダイヤル:0120-483-678

E-mail:info@nts-kyushu.co.jp

設立

平成24年10月1日

資本金

400万円

事業目的

一般貨物自動車運送事業(引越折扱業)軽貨物運送事業

営業地区

九州、山口

従業員数

15名

取引銀行

福岡銀行 六本松支店 西日本シティ銀行 篠栗支店 遠賀信用金庫 空港東支店

保有免許

整備管理者選任前研修修了証明書

運行管理者資格者証

一般貨物自動車運送事業の許可

整備管理者定期研修終了証

運行管理者資格者証 岩永

運行管理者資格者証 岩永

運行管理者資格者証 椛山

運行管理者資格者証 椛山

輸送秩序研修修了書 椛山

輸送秩序研修修了書 椛山

トラック安全運転基礎講習修了証書 岩永

トラック安全運転基礎講習修了証書 岩永

トラック安全運転基礎講習修了証書 椛山

トラック安全運転基礎講習修了証書 椛山

トラック安全運転基礎講習修了証書 中村

トラック安全運転基礎講習修了証書 中村

引越し会社 推薦状

引越し会社 推薦状

主要取引会社

  • ・株式会社沖縄物流
  • ・マリックスライン株式会社
  • ・株式会社店舗開発マネジメント
  • ・九州西濃運輸株式会社
  • ・株式会社トラスト
  • ・株式会社トラスト・ウィン
  • ・株式会社ハマサキ・コーポレーション
  • ・株式会社アシストマーク
  • ・有限会社アンツ
  • ・株式会社プロスタッフ
  • ・株式会社一番食品
  • ・株式会社ハイテックプランニング
  • ・北陸カーゴ軽自動車運送協同組合
  • ・有限会社内本開発
  • ・株式会社ムーバーズ(ムービングエス)
  • ・長府製作所
  • ・天龍運輸株式会社
  • ・株式会社福岡大洋工芸
  • ・株式会社熊本大洋工芸
  • ・株式会社夢クリエイト/不動産バンク
  • ・株式会社アイル
  • ・九州郵船株式会社
  • ・九州商船株式会社
  • ・野母商船株式会社
  • ・壱岐・対馬フェリー株式会社
  • ・株式会社ネオ倶楽部/旅のオアシス
  • ・毛利運送株式会社
  • ・九州日立物流サービス株式会社
  • ・新ダット・ジャパン株式会社
  • ・西鉄運輸株式会社
  • ・株式会社アネックス
  • ・国際空輸株式会社
  • ・株式会社幸栄トランスポート
  • ・片付カンパニーマルジュン
  • ・久留米運送株式会社
  • ・株式会社博運社
  • ・有限会社アドバンテージ物流サービス
  • ・トーウンサービス株式会社
  • ・富士物流株式会社
  • ・株式会社緒方不動産
  • ・株式会社引越し侍
  • ・淀鋼商事株式会社
  • ・多仲流通株式会社
  • ・株式会社日本システムサービス九州
  • ・セリ・コーポレーション株式会社
  • ・前原ダイキュー運輸株式会社
  • ・福岡陸運株式会社
  • ・株式会社ワイコム・パブリッシングシステムズ
  • ・OMNI CO.,LTD
  • ・株式会社オーエスピー
  • ・株式会社泉州サービス
  • ・NTフィルム株式会社
  • ・株式会社K-NETシステム
  • ・有限会社なかむらトランスポート
  • ・株式会社Q配ビジネスサポート
  • ・TOTO
  • ・三菱電機ビルテクノサービス株式会社
  • ・セントサービス株式会社
  • ・有限会社ウエル総合企画
  • ・石川電気
  • ・株式会社サカグチトレーディング福岡支店
  • ・KIMURA産業