実はこっそり本部から・・・

記事一覧へ戻る

実はこっそり本部から・・・

向井様

こんにちは!中村です!

久しぶりの更新です!

今回は、長崎県諫早市から東彼杵郡長与町にお引越された
向井様とのエピソードをご紹介致します!!

向井様はご夫婦で諫早市にお住まいでございましたが、
ご主人のお勤め先とご実家が長与町ということもあり
中々諫早市のご自宅まで帰ることができなかったそうです。

そこで今回は奥様も合わせて、ご主人のご実家にお住まいになるための
お引越とのことでした。

弊社と大手某社見積もりの二社から弊社を選んで頂いた向井さま。

その決め手は、「どれだけお客様のことを考えているか」とのことでした。

大きな金額を先に提示して、徐々に金額を下げて折り合いをつけていくのが
大手某社の営業ですね。

弊社は、何故引越をするのか、運んで欲しいものはそれだけで良いのか、
引越した後の生活はどのようにしていくのかをヒアリング致します。

今回の向井様の場合、既にある程度の家電、家具が揃っているご実家にお引越をされるケース。
大きな家具は奥様のご実家に預け、冷蔵庫、洗濯機、エアコンなどの家電は
ご友人に譲られるとのこと。

「それならば、奥様のご実家に預ける大きな家具は段ボール、ビニールで梱包し
保管状態を少しでも良い状態にしましょう。
ご友人宅には家電の設置を弊社が請負います。
三か所へのお引越となりますが、引越のプロが運ぶことでご実家やご友人も安心されると思いますよ。」

このようなご案内が今回のご依頼のきっかけとなりました。

当日はあいにくの大雨。

お荷物も少しでも濡らさないように、いつもの梱包に比べ上から毛布を被せたりしました。

引越作業を続けているうちに雨は小雨となり、卸し終わるころには雲間から陽が射しこむほどに。

この写真はお客様が望まれて撮った写真です!

勿論、弊社の総司令官、参謀総長は写真好きなのでノリノリです!
間の麓隊員はなれない写真にそわそわしていました。

この写真はSNS等で掲載してご友人に見てもらうとのことです。

時代は大きく変わりましたね。

弊社も時代に遅れないように日々、HPを更新して参りますので
次回もお楽しみに。

全てのお客様の新生活がより善きものとなりますよう
365日レスキュー隊は走っています!

IMG_6944IMG_6946